下腹ぽっこりについて

下腹がぽっこりしてきてしまった現実を受け止めて、
最近では、下腹ぽっこりしてきたしまった原因を探るため、
色々と仮説を立てながら考えているのですが、
今と昔で、生活習慣が一番変わったことといえば、
運動をする機会が減った事。

学生の頃では、部活などで体を動かしますし、
強い相手に勝つためのカラダ作りをしたりしたので、
腹筋などを鍛えていたので、下腹の引き締まっていたのですが、
最近では別段、腹筋も鍛えていないので、
それが下腹ぽっこりの原因かなぁ、、、なんて考えていました。

そんな、下腹ぽっこりについて調べていたら、
どうやら腹筋の衰えというのは、原因の一つであるようです。

自分の考えでは、腹筋で押さえられていた内臓が、
腹筋が衰えたことによって、外側に垂れてきた程度だと仮定してのですが、
下腹の腹筋をはじめ、筋肉の衰えというのは、
新陳代謝に関わってくるようなので、やはり鍛えていたほうがいいみたいですよ。

というのも、筋肉はたくさんのエネルギーを消費して人間の活動を支えているので、
若い頃にたくさん食べてもあまり太らないのは、
筋肉が活発に活動しているからなのであって、
年齢とともに日常的な運動量が減ると、筋肉が衰えてきます。

それにもかかわらず同じように食べていると、
余ったエネルギーが皮下脂肪として蓄積されて、
特に、40代以降は、体のなかでも腹筋が早く弱まり、
いつのまにか下腹がポコンと出てしまうそうです。

さらには、もともと皮下脂肪はエネルギーを脂肪として蓄積し、
体温維持や臓器を守るために欠かせないものなので、
特に女性は妊娠時にカロリーオーバーすると、
赤ちゃんを守るために、
より下腹部に脂肪がついて出産後も残ってしまいがちなのだと、、、。

女性が気になる下腹ぽっこりというのは、
調べると、なかなか奥深い人間のメカニズムに基づいていて、
ダイエットという一言では片付けられなそうですよね。

下腹ダイエットで変身!下腹ぽっこりスッキリ革命。

下腹ぽっこりについて

下腹ぽっこりしていているので、
下腹を引き締めるエクササイズなど、
全般的に調べていたら、
お昼に放送されている、
あの有名な情報番組でも、
下腹ぽっこり解消をテーマにして、
放送されていたことを、発見しました!

あの情報番組で取り上げられるということは、
案外、下腹ぽっこりで、
悩んでいる人が多いということでしょうか?

少なくとも、ぽっこりとしてしまった下腹を解消したいと、
情報を探しているのは、
私以外にも、結構多いということでしょうね!

さて、そんな、
お昼の有名情報番組で紹介されていた情報によると、
下腹ぽっこりは、見た目だけでなく、
放っておくと、いい事はないようです。

ちなみに、下腹ぽっこりを放っておくと、
引き起こしてしまうかもしれない症状として、
便秘、肌荒れ、疲労、冷え性、猫背、腰痛、肩こり、膝痛
高血圧、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中、ボケ、
心臓病、腎臓病、肺炎、大腸がん、乳がんなど、
招いてしまうそうなので、
やっぱり、下腹はダイエットしたほうがよさそうですよ!

また、番組では、
下腹ぽっこりを引き起こしてしまう原因として、
3つを挙げていて、
1、お腹の筋肉が緩む
2、内臓下垂
3、骨盤が広がる
というのが、3大原因なのだそうです。

私は、下腹の周りにぜい肉がたまっていく感じから、
お腹の筋肉が緩んできたかなぁ、、、
なんて思っていましたが、
下腹ぽっこりの原因には、色々あるんですね。

下腹ダイエットで変身!下腹ぽっこりスッキリ革命。

下腹ぽっこりについて

下腹ぽっこり原因として、
あるあるが発掘(?)した腸の垂れ下がりについて、
以前紹介をしましたが、
あるある大辞典には、腸の垂れ下がりの原因となるものが、
まだまだありましたよ!

以前の、下腹ぽっこりの原因には、
胃の重さによって、腸が垂れ下がってしまう、、、
という内容で、記事にしましたが、
あるある大辞典は、横隔膜も話題になっているようです。

というのも、横隔膜といえば、
呼吸で動くものとして知られていますが、
悪い姿勢をしていると、
横隔膜が動かない事があるそうなのです。

その結果、横隔膜が動けない事で、
お腹の腹筋群と背中の柱起立筋を弱めて、
下腹ぽっこりの原因となると、
あるある大辞典で紹介されていました。

さらには、あるある式の対策も、紹介されていましたよ!

★横隔膜を大きく動かす腹式呼吸を覚える。
1、「仰向け姿勢」での呼吸
  横になる事で、背中が床に固定されたり、
  内臓の重みから解放されるといのが主な理由。
2、手をお腹にのせて、お腹の膨らみをしっかり感じるようなら、
  次なるステップへ!
3、重りをのせて腹式呼吸の練習することで、横隔膜が鍛えられます。
  みぞおち部分に、500ミリリットルのペットボトルをのせて、
  上下に大きく動くように呼吸をします。
  
鼻から4秒吸って、口から8秒吐くのがコツですが、
横隔膜が動きやすい様に、食後2時間経ってから行うことが、
注意点のようですよ。

★基本ができたら、横隔膜をより大きく動かす方法「ヨーガ」
姿勢を正しながら横隔膜も鍛えられる雷のポーズ!
1、両手を頭の上で合わせ、息を吐きながらヒザをゆっくりと曲げて行きます。
2、かかとが浮く所で一旦動きを止め、さらに息を吐き切りながらお尻を下げます。
3、そして、息を吸いながら元の姿勢へと戻る

★楽しく横隔膜を鍛える方法「歌」!
「スタッカート気味に息を吐き切る様に続けて歌う事で、お腹が動いてる感じがします」
音楽の授業で、よく耳にした曲ですが、
アマリリスがオススメのようです。

このように、お腹ぽっこりの原因が、
横隔膜だと、心当たりがある場合は、
対策法として、上記のようなエクササイズが紹介されていました。

しかし、以前でしたら、あるある大辞典と聞くと、
最先端のダイエット情報などを発信しているイメージで、
素直に、下腹ぽっこりに効きそう!
なんて、思ってしまいますが、
色々な問題があったし、素直には受け入れられませんよね。

下腹ダイエットで変身!下腹ぽっこりスッキリ革命。

下腹ぽっこりについて

下腹ぽっこりについての、
あるある大辞典の仮説というか、放送内容。

ちょっと、そのままでは放っておけなかったので、
あるある流の下腹ぽっこりの原因について、
もう少し、調べてみました。

腸が下がってきてしまう事が原因で、
下腹がぽっこりしてきてしまうのには、
腸の上から落ちてくる胃の重さに、
腸が圧迫され続けて、横行結腸が押し込まれてしまう事が、
関係しているようなのです。

腸が原因で、下腹ぽっこりになっているかどうか、
チェックした項目にもありましたが、
食後するの計測で、おへその下が膨らむというのは、
やっぱり、低すぎるようです。

というのも、本体胃袋があるのは、骨盤ラインの上まで。

私は、へそを中心に下腹がぽっこりしていたので、
この、腸が下がってきていることが原因で、
下腹がぽっこりしてしまったという、
あるある大辞典の情報には当てはまらないと、
安心をしたのですが、心当たりがある方は、心配でしょうね、、、。

さらには、あるある流の下腹ぽっこりの原因には、
腸そのものが関係している場合も、あるそうです。

ドカ食いやや、高脂肪食の摂り過ぎによって、
少しでも体内で脂肪があまってしまうと、
腸の隙間に、溜め込まれてしまうそうで、
その結果、腸は身動きが取れなくなってしまって、
胃からの重さの圧迫もあり、
垂れ下がってしまうようなんです。

下腹ぽっこりは、
溜め込んだぜい肉だけが原因かと思っていましたが、
下腹ぽっこりにも、色々と種類があるものですので、
下腹がぽっこりとしてしまった原因を知るということも、
大切だと、あらためて思いました。

下腹ダイエットで変身!下腹ぽっこりスッキリ革命。

下腹ぽっこりについて

下腹ぽっこりが気になってきたので、
なにか対策はないか?
何が下腹ぽっこりの原因なのか??
と、下腹ぽっこりについて調べていたら、
下腹ぽっこりについて、
意外な情報に巡り会いました。

私は、下腹ぽっこりの原因は、
最近よく耳にするメタボこと、
メタボリックシンドロームなのかなぁ、、、
お酒を飲む機会も、最近は増えたしなぁ。
なんて、思っていたのですが、
下腹ぽっこりにも、種類があるんですね。

というのも、今は放送されていないあるある大辞典で、
発掘!された情報らしいのですが、
下腹ぽっこりでも、体脂肪は標準レベルで、
頑張ってダイエットをしても、
ひっこまない下腹ぽっこりお腹というのも、あるようなんです。

ちなみに、このタイプの下腹ぽっこりは、
特に女性に多いようなのですが、
腸が垂れ下がってしまった事が、原因のようですよ。

そこで、腸の垂れ下がり度チェックというのを、
私も試してみたのですが、

1.ストレスを感じるとつい食べてしまう→そんなことはないので、×
2.排便が不規則だ→ちょっと、心当たりが、、、○
3.寝る前に食べる事が多い→夕食後は、何も食べないので、×
4.食後にへその下が膨らむ→へそを中心に膨らむので、多分×
5.タバコがやめられない→タバコは吸わないので、×
6.好きな物だとついドカ食いしてしまう→これは、、、心当たりが。○
7.太ってはいないが筋肉は少ない→少ないという実感はないので、×
8.魚や野菜より肉の方が好き→肉は、好きですので、○
 
0〜2項目該当 青信号
3〜6項目該当 黄信号
7、8項目該当 赤信号

というところ、、、3個だったので、黄色信号ですね(汗)
私個人的には、下腹ぽっこりでも、
あるあるの情報には当てはまらないと、
思っていたのですが、私も、
多少の注意をした方がいいかもしれませんね。

下腹ダイエットで変身!下腹ぽっこりスッキリ革命。