ぽっこりお腹を治したい!

でも、人それぞれ自分にかけれる予算は決まっているものです。

そんな中一番低予算で、お腹ぽっこり改善に特化したものを紹介しておきます。

下腹ぽっこり改善で有名な商品なので知っている方も多いかもしれません。

送料無料でたったの1050円で試すことができます♪





下腹をさくっと自宅でテレビを見ながら治すヒントが満載の動画です。


ユーチューブで見つけました。

音が出るので見るときはご注意ください♪


自宅で下腹を引っ込めるヒントと答えはここで見れます。(1分50秒の動画)


この動画の商品はこのページで紹介されています。

2か月前に購入してかなり気に入っているのでお勧めします^^

私はダイエットをしていないで使っているのですが、確実に腹筋がしまってきています。

下腹を即効で少しでも締めたい方には、いいと思います。

またサプリメントとかと違い1回買えばずっと使えるので結果安いですしね^^

値段も7000円くらいだったと思います。

7000円で下腹締めれるなら私はお買い得だと思います。




下腹ダイエットの色々

下腹ぽっこり解消をしたくても、
誰しも激しい運動は避けたいもの、、、。

そんな、下腹ぽっこり解消ダイエットの声を反映してか、
gooで人気だった下腹ダイエットを発見したので紹介します。

この下腹ダイエットは医学的に考案した人がぺたんこお腹体操と名づけていて、
その名のとおり、下腹ぽっこり解消に効果が出そうなダイエットです。
ちなみに、数ある下腹ぽっこり解消のダイエットの中でも人気の秘密は、
最低限の努力で抜群のウエストやせ効果が得られるという記事になっているほど、
ダイエットにとっては、まさに夢のようなフレーズです。

実際にこのダイエットを実践した方の中には、
わずか10日間で下腹に効果があらわれているので、
下腹ぽっこり解消の効果にはビックリです。

また、このぺたんこお腹体操が下腹ぽっこりに効果があるダイエットであるのには、
引き締った格好よいお腹をつくるための3つの筋肉である、
腹直筋、腹横筋、腹斜筋を鍛えることができるからなのだと。

この3つの筋肉は、お腹の縦と横と斜めに存在する筋肉で、
よく動く事であらゆる方向からお腹についてしまった脂肪を燃やしてくれるという、
優れものの筋肉なので、下腹ぽっこり解消には、ぜひ味方につけたいですよね!!

さらには、この筋肉。
内臓を正しい位置に戻す役目もあり、筋肉を鍛え上げる事により、
自然のコルセットやガードルのような役割を果たして、
腰痛や便秘改善にも効果的という、ダイエットだけではないいい事尽くめ。

しかしそんな、ぺたんこお腹体操にはルールがあり、
ダイエットに大敵である、甘いもの、油物、アルコールを摂取する時は、
この3つの「あ」を、いっしょに食べるとすぐに脂肪に変わりやすいので、
1日のうちに、「あ」のいずれかひとつにするというもの。

例えば、ビールを飲むとわかっている日は、
朝からチョコレートを食べないという心がけなので、
そこまで難しいルールではないですし、好きなものは全部だめというわけではないので、
このダイエットのルールなら、下腹ぽっこり解消のために守れそうですよね。

参考:http://diet.goo.ne.jp/member/feature/0703_no1/01.html

最後に、長くなってしまったのでこの下腹ダイエットのやり方は次回以降に紹介しますので、
お楽しみに。

下腹ダイエットで変身!下腹ぽっこりスッキリ革命。

コラム

下腹ぽっこりを解消して、
かっこいいジーンズかパンツを買おうと心に決めてダイエットをしている
下腹ぽっこりスッキリ革命の管理人でもある私ですが、
下腹ダイエットのためにコアリズムを購入したというのは、以前紹介をしました。

コアリズムといっても、色々なパッケージが発売されているのですが、
私が下腹ダイエットのために購入をしたコアリズムというのは、
3枚セットのDVDのパッケージだったので、
下腹ぽっこり解消のために初級編のコアリズムから始めました。

初級編といっても慣れないダンスのステップなので、
なかなかハードに感じていたのですが、
初級編の動きに慣れ、時間短縮のためにも上級編を始めたのをきっかけに、
彼女のお母さんがコアリズムが気になっていたようなので、
初級編を貸してあげました。

彼女のお母さんも下腹ダイエットのために、
コアリズムが気になっていたようで、私がコアリズムを注文した時には、
自分の事のように、コアリズムの到着を楽しみにしていたので、
コアリズムにとても期待をしていました。

「ダンスをしながらだから、あっという間に時間が経ってしまうよね」

なんて、彼女のお母さんは実践をする前には言っていたのですが、
いざコアリズムの初級編を試してみると、

「これじゃ、ビリーと一緒じゃない!」

なんて言って、彼女に言わせると三日坊主ならぬ一日で、
コアリズムをやっているのを見かけなくなってしまったようです、、、。
何事も、継続することって大変なんだなぁと感じるとともに、
物事がはっきりしていて、とても人間味あふれる彼女のお母さんらしい行動で、
私は大好きです。

下腹ダイエットで変身!下腹ぽっこりスッキリ革命。

下腹エクササイズ

下腹ぽっこりが気になってくるのは、
スラ〜ッとした格好いいジーンズを穿きたいと思ったときや、
少し前に買った礼服を着たときに、
下腹を中心に、体型が変わったなぁ、、、
なんて、ショックと後悔をするものです。
昔は、下腹のお肉なんて他人事だと思っていたのに、
不摂生と運動不足と歳を重ねる事は侮れませんね。

そんな、下腹ぽっこりについて自分の場合は腹筋の低下ではないかと、
仮説を立てながら色々と調べているのですが、
やはり、下腹の引き締め筋というのが衰える事により、
下腹ぽっこりとなる事例もあるようですね。

というのも、座ってばかりだったり姿勢を気にしない生活を続けていると、
下腹を引き締める筋肉群がすっかり休眠して弱体化してしまうようで、
その名のとおり、ちからをいれようとしても筋肉の使い方そのものを忘れてしまって、
下腹をひっこめる事ができなくなり、ぽっこりにつながるとの事。

さらには、下腹の引き締め筋が弱ってくると、
姿勢自体がそれまで以上に崩れてくる事から、
代謝も落ちて、皮下脂肪も増えてしまうという悪循環に陥るのだとか、、、。

まさに、下腹ぽっこり地獄というか、
下腹の出てくるメカニズムは、侮れませんね。

また、引き締め筋が休眠してしまっている場合には、
きつい腹筋運動よりも引き締め筋を目覚めさせる運動が適しているようで、
「腹横筋」、「下部腹直筋」、「大腰筋」という3つの引き締め筋を強化するのがポイント。

そんな、下腹を引き締める引き締め筋を強化するためのエクササイズは、
以下のとおりです。

1、まずピーンと姿勢を正して立ち、両手で逆三角形をつくっておへそを囲むように置きます。
2、息を吸いこんでとめ、下腹に徐々に力をいれながら、
  へそ下を背骨にくっつけるように引っこめていきます。
3、もうこれ以上無理というところで6秒キープ。
  手でお腹を圧迫しながらゆっくりと息を吐ききって終わり。

ちなみに、これを3回程度1日おきに続ければ、
2〜3週間で下っ腹ぽっこり解消に効果を発揮してくるようなので、
きつい運動でもないし、下腹ぽっこり解消のためには、
しばらく続けてみたいダイエットです。

下腹ダイエットで変身!下腹ぽっこりスッキリ革命。